車 保険料

補償内容を減らさずに車の保険料を節約するには?

補償は減らしたくないけど、車の保険料は減らしたい、そんなわがままな悩みを抱える人もいるでしょう。

 

いざという時には最大限の補償を受けたい、けど保険料はできるだけ安く…。
そんな方にお勧めなのが、保険の乗り換えです。

 

今は、保険料が格安の通販型自動車保険が人気で、国内にも沢山保険会社があります。

 

その会社同士でも価格競争が行われていますので、多くの保険会社から見積もりを取得し比較すれば、今の保険料よりもかなり安い車の保険もすぐにみつかるでしょう。

 

インターネットから無料で利用できる自動車保険一括見積もりサービスを利用すれば短時間で最大21社の車の保険の見積もりをできますので効率的に一番安い保険会社を探すことができます。

 

見積もりをして、安い車の保険を見つけたら、乗り換えて保険料を節約しましょう!

▼ここから簡単に各保険会社の見積もりを見てみる▼

【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり

 

 

 

《一括見積に参加している保険会社》

車の保険料の節約裏技

スマホ代も高いし、ガソリン代は値上がりするし、家計が苦しいと悲鳴を上げている方も数多くいると思います。

 

そういう時、まっさきに削りたくなるのが車の保険料ですね。
しかも100%掛け捨ての自動車保険はまっさきに見直したくなります

 

そんな方のために簡単な車の保険料の節約術をご紹介します。
それは妥当な補償内容にすることです。具体的にはこちらがわにかかわる人身傷害保険と搭乗者傷害保険です。

 

人身傷害保険は支払われる上限金額を3000万円や5000万円などに設定していると思います。
もちろん死亡したらその金額が支払われると思いますよね?

 

けど実は死亡してもその満額が支払われないケースの方が多いのです。
なぜならば、その方の年収や年齢、平均余命を計算し、生きていたら稼いだであろう金額を算出するから。

 

つまりお医者様や会社役員と言った人でなければそうそう高額な保険金は支払われないのです。
ですので一般の方であれば3000万円もあれば十分です。

 

それから搭乗者傷害保険です。
これは、自分の車に乗っていた本人や同乗者が怪我をした場合通院日数に応じて、保険金が支払われるものです。

 

日額五千円だったり、5日以上通院すると10万円だったりと、契約内容によって条件は異なります。
怪我をしたら色々と治療費以外にもかかるから入っておくと安心と思うかもしれませんが、人身傷害保険に加入しているのであれば不要です。

 

人身傷害保険は、怪我の治療費はもちろんのこと、通院交通費に、休業損害、それから慰謝料も支払われます。
人身傷害保険の補償があれば十分なのです。

 

搭乗者傷害保険も加入していれば得をしますが、そのために月々多くの保険料を支払うのは無駄です。
この二つを見直してみると、車の保険料はぐっと節約できます。

 

▼ここから各保険会社の評判と見積もりを見てみる▼